(第5回)6章4話突破

きのうは7章突入を目指すと息巻いていたものの、いきなり6章4話で敗退してしまいました(笑)その後、リベンジできたのですが、その時に考えたことをまとめておきます。

6章4話に出てくる3体のボーンプリズナーは単体攻撃しかしてこないのですが、マホトーンや呪い、転び、といった状態異常を使ってきます。

これまで、2人の賢者にはこうげき魔力や呪文ダメージが増えるこころをつけていましたが、スカラの維持や回復に追われ魔法攻撃が打てないことがわかりました。そこで状態異常に強いメタル系のこころとHPがあがりやすいボーンナイトのこころを中心につけることにしました。

パラディンバトルマスター 賢者
賢者

さらにバトルマスターが「すてみ」を覚えてくれたので、高い攻撃力を維持しながら突破することができました。攻撃役をバトルマスター1人に絞って、後は回復と補助に回したのが功を奏したようです。マホトーンのせいでベホイミやスカラが使えなくなることもありましたが、メタル系のこころの耐性のおかげか、全員が同時に使えなくなることはありませんでした。

また、いやしのかぜを2人に持たせていたのもよかったのだと思います(星4のユグドラシルです)

これからさらにストーリー攻略を目指していきますが、「攻撃役を絞る」という考え方は貫いていきます。

それではまた次回、お会いしましょう。